部屋を明け渡す時のマナー

知っておくべき知識と情報

賃貸マンションやアパートを出る時には、オーナー立ち会いの下で原状復帰が必要かどうかの審査が行われます。原状復帰というのは、部屋を借りた時の状態に戻すということです。日常生活をしていると、自然に部屋が汚れたり、一部が破損する場合はよくあることです。そのような時は原状復帰が必要になります。そのための工事費用として、入居時に敷金を払ってあるのです。 注意すべき点は、原状復帰が必要かどうかの見極め方です。何でもかんでも原状復帰では居住者の負担が多すぎます。そのためルールが決められているのです。 例えば経年劣化などの場合は自然現象なので原状復帰は必要ないのです。しかしわざと破損したり、汚したりした場合には工事で元に戻す必要があるのです。

トラブルにしない暮らし方

部屋の備品や壁などをわざと壊したり汚した場合は、原状復帰の費用はかなり必要です。契約時に納めている敷金で足らない時は、持ち出しになります。 そうならないためには、普段の生活の仕方に気を配ることが必要です。ネット上にある賃貸暮らしに関する人気ブログなどは参考になります。そのような人気ブログには、家主とのトラブルに関する情報なども書いてあるので目を通しておくと便利です。 また原状復帰のトラブルに巻き込まれないためには、入居時にオーナー立ち会いの下で部屋の瑕疵について確認しておくことが重要です。 一般的に人気のある賃貸物件は、様々なトラブルが起こる確率が低いため、そのような物件をネットで検索して探すことも必要です。